Owner Profile

SACHIKO JAPON

鈴木 サチコ

「本当に美しくなるためには、何が必要で何か無駄なのか」。
これはエステティシャンとして、私が今でも追求し続けるテーマです。いくつかの疑問と理想を抱えて「本当のインナービューティーとは何か」を探り、たどり着いたのがインドの伝承医学であるアーユルヴェーダであり、私が独自に開発した「インドエステ」です。
「手」を使ったハンドトリートメントで通じ合えるものの中に、本当の意味での「エステ」があると考え、お客様と日々向き合っています。

Media

<TV出演>
・日本テレビ「笑ってコラえて!」金のにわとり
・フジテレビ「笑っていいとも!」
<掲載雑誌>

Grazia(グラツィア)
2005年1月号

Body PLUS+(ボディプラス+)
2008年8月号

経 歴

1990年3月
大手エステティックサロン「TBC」入社。最優秀スタッフとして4回の表彰を受ける。
1991年9月
エステティックのトータルコーディネーターを目指し上京。 「サロン ド スィヴィー」勤務。
1993年3月
「PBS美容法(プロポーション・ビューティー・SACHIKO)」を日本で初めて提唱。
PBS美容法は、その後「インドエステ」として広くエス テ業界へ浸透する。
1993年5月
「サロン ド スィヴィー」取締役就任。
1995年7月
「サロン ド スィヴィー」スタッフの教育指導を終え、さらなる技術向上のため独立。
1995年12月
日本深層美容技術認定を取得。エステサロン「モアエステサチコ」オープン。
1997年1月
「インドエステ」をより高めたオリジナルの施術として向上させるため、渡仏。
「タラソテラピー」などフランス独自のエステ技術を学び帰国。
2004年5月~
プライベートサロン、有限会社「SACHIKO JAPON」設立。インドエステにオリジナルの技術を加えたエステを展開し、「エステ通が最後に選ぶサロン」としてリピーターが続出。 現在は「サチコ流」の技術習得を目指すエステティシャンの育成や、自らの妊娠・出産・子育て体験をベースにした「マタニティケア」も手がけ、大人気となっている。

SACHIKO JAPONとは

人の自らの「美」に対する追求を「身体」だけにとどまらず、
「心体」にも最上級の満足感と幸福感を提供するために
最大限のサポートをし、顧客の期待に応える企業です。